メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2045年推計人口

「自治体存続に関わる」 秋田知事「日本の縮図」

かつては約4万6000人の人々が暮らした北海道歌志内市。中心部の通りは通行人が途絶え、商店も大半が閉まっていた=30日、渡部宏人撮影

 「本当にそこまで減ってしまうのか」--。国立社会保障・人口問題研究所が発表した2045年までの自治体別の将来推計人口。全体的な人口減のペースはやや落ちたが、実際にブレーキがかかったのは、東京都心など首都圏が中心だ。地方の多くの自治体で減少幅が広がり、「県という制度そのものの存続に関わる」などと危機感をあらわにする首長もいた。【山本康介、栗栖健、成田有佳】

 「予測以上の(人口減と高齢化の)加速。非常に危機感を持っている」。秋田県の佐竹敬久知事はそう漏らし…

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです