メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊娠

高校自主退学3割 貧困の連鎖懸念も 文科省調査

妊娠した高校生の在籍状況(15~16年度)

 女子高校生の妊娠をめぐり文部科学省は30日、初の実態調査を公表した。2015~16年度に公立高校が把握した妊娠は2098件で、うち3割が自主退学していた。

 高校中退は「貧困の連鎖につながりやすい」と指摘されているが、学校の勧めによる自主退学も1・5%(32件)あった。文科省児童生徒課は「重く受け止める」とし、都道府県教委などに安易な退学勧告を行わないよう要請する通知を出した。

 調査は全日・定時制の全公立高計3571校が対象。妊娠・出産を理由にした自主退学のうち、学校の勧めによる自主退学32件は、学業継続を希望しているか、退学の希望が明確でないケースだった。学業を継続したのは、産前産後を除き通学37・1%▽転学8・5%--などだった。また5校では、妊娠を理由とした懲戒基準が設けられており、文科省は今後詳細を調べる。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです