関西みらいFG

発足 割拠の地銀、生存競争 総資産11兆円超 店舗網効率化カギ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西地銀の資産規模
関西地銀の資産規模

 関西アーバン銀行と近畿大阪銀行、みなと銀行が4月1日に経営統合し、関西みらいフィナンシャルグループ(FG)として本格的にスタートする。日銀のマイナス金利政策などで貸し出し利ざやが減る中、規模拡大による営業力強化を進める。広がった店舗網をどこまで効率化できるかが生き残りのカギを握りそうだ。【土屋渓】

 統合後の総資産は11兆円超で、関西では最大。株式の51%をりそなホールディングス(HD)が保有し、りそな銀行なども含めた5行のATM(現金自動受払機)手数料が既に相互無料化された。4月からは、りそなグループの年金商品の取り扱いや定期預金の金利優遇キャンペーンなどをスタートさせる。

 2019年4月には近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併。同年秋には両行のシステムを統合し、大阪市内などで近接する店舗の統廃合を進める。対象は「40店前後になる」(関西みらいFGの菅哲哉社長)方向で、店舗の事務作業も削減し、営業に多くの人材を充てて住宅ローンや投資信託の販売を強化する。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文985文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集