大阪・御堂筋

歩道化 側道閉鎖、来年度実験 渋滞・荷さばき影響調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
御堂筋が完全歩道化した際のイメージ図=御堂筋完成80周年記念事業推進委員会が提案した将来ビジョン案より
御堂筋が完全歩道化した際のイメージ図=御堂筋完成80周年記念事業推進委員会が提案した将来ビジョン案より

 大阪市のメインストリート「御堂筋」の将来像を検討している委員会(委員長・吉村洋文市長)は30日、御堂筋完成100周年の2037年に完全歩道化を目指す提言案を取りまとめた。都心の幹線道路に車を入れない壮大な構想で、市は7月末をめどに提言を踏まえた再編案をまとめ、側道を実際に閉鎖して渋滞への影響などを調べる社会実験を18年度に実施予定。計画実行に向けた官民連携組織の設置も検討する。

 案では、第1段階として側道がある淀屋橋-南海難波駅までの約3キロを歩行者空間に転換。道頓堀川以南を東京五輪が開催される20年までに、道頓堀川以北を25年の大阪誘致を目指す国際博覧会(万博)までに整備することを目指す。長期目標として難波-梅田の約4キロを完全歩道化するとした。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文591文字)

あわせて読みたい

ニュース特集