メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ベンチャー企業

「にしなかバレー」熱視線 交通の便良く

にしなかバレーの共有オフィスを使うベンチャー企業の経営者ら。互いに刺激し合いながら事業の飛躍を夢見ている=大阪市淀川区で2018年2月13日、土屋渓撮影

 米国のシリコンバレーにあやかり、大阪市の中心部・梅田と新大阪駅の間にある西中島や中津の辺りが、ベンチャー企業の拠点が多い「にしなかバレー」として注目を集めている。交通の便が良い割には賃料が比較的安く、ITや保育といった多様な業種の起業家たちが事業を全国や世界にも広げようと切磋琢磨(せっさたくま)している。

 「利用料が安く、交通の便が良い。他の起業家と交流できるのもありがたい」。吹奏楽の演奏を動画配信する…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです