メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチャー企業

「にしなかバレー」熱視線 交通の便良く

にしなかバレーの共有オフィスを使うベンチャー企業の経営者ら。互いに刺激し合いながら事業の飛躍を夢見ている=大阪市淀川区で2018年2月13日、土屋渓撮影

 米国のシリコンバレーにあやかり、大阪市の中心部・梅田と新大阪駅の間にある西中島や中津の辺りが、ベンチャー企業の拠点が多い「にしなかバレー」として注目を集めている。交通の便が良い割には賃料が比較的安く、ITや保育といった多様な業種の起業家たちが事業を全国や世界にも広げようと切磋琢磨(せっさたくま)している。

 「利用料が安く、交通の便が良い。他の起業家と交流できるのもありがたい」。吹奏楽の演奏を動画配信する…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです