メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチャー企業

「にしなかバレー」熱視線 交通の便良く

にしなかバレーの共有オフィスを使うベンチャー企業の経営者ら。互いに刺激し合いながら事業の飛躍を夢見ている=大阪市淀川区で2018年2月13日、土屋渓撮影

 米国のシリコンバレーにあやかり、大阪市の中心部・梅田と新大阪駅の間にある西中島や中津の辺りが、ベンチャー企業の拠点が多い「にしなかバレー」として注目を集めている。交通の便が良い割には賃料が比較的安く、ITや保育といった多様な業種の起業家たちが事業を全国や世界にも広げようと切磋琢磨(せっさたくま)している。

 「利用料が安く、交通の便が良い。他の起業家と交流できるのもありがたい」。吹奏楽の演奏を動画配信するサービスを営む「ブラスタブ」を2017年に設立した北條明宏さん(38)は、にしなかバレーの魅力を語る。拠点としている共有オフィス「西中藩」(大阪市淀川区)は、地下鉄西中島南方駅近くの雑居ビルにある。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです