メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州

「角打ち」文化PR 広辞苑採用で

 国語辞典のベストセラー、岩波書店の「広辞苑」が10年ぶりに改訂となり、酒屋で酒を買ってその場で飲む「角打(かくう)ち」が採用された。角打ち文化が残りながら酒屋が減少傾向にある北九州市ではこれを機に、国内外に誇る観光資源として積極的にPRする動きが出ている。

 岩波書店によると、改訂版(第7版)は1月12日に発売。ウェブ版で「角打ち」の検索が増えたこともあり掲載が決まった。

 愛好家でつくる「北九州角打ち文化研究会」初代代表の須藤輝勝さん(70)によると、酒屋で飲む文化は江…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文794文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]