メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州

「角打ち」文化PR 広辞苑採用で

 国語辞典のベストセラー、岩波書店の「広辞苑」が10年ぶりに改訂となり、酒屋で酒を買ってその場で飲む「角打(かくう)ち」が採用された。角打ち文化が残りながら酒屋が減少傾向にある北九州市ではこれを機に、国内外に誇る観光資源として積極的にPRする動きが出ている。

 岩波書店によると、改訂版(第7版)は1月12日に発売。ウェブ版で「角打ち」の検索が増えたこともあり掲載が決まった。

 愛好家でつくる「北九州角打ち文化研究会」初代代表の須藤輝勝さん(70)によると、酒屋で飲む文化は江…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです