南極海

調査捕鯨船が下関帰港 妨害行為なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
調査捕鯨船から下船し、家族と久しぶりの再会を喜ぶ乗組員=山口県下関市のあるかぽーと岸壁で2018年3月31日午前11時28分、上村里花撮影
調査捕鯨船から下船し、家族と久しぶりの再会を喜ぶ乗組員=山口県下関市のあるかぽーと岸壁で2018年3月31日午前11時28分、上村里花撮影

 南極海で約5カ月にわたる調査捕鯨を終えた捕鯨船3隻が31日、計画通りクロミンククジラ333頭を捕獲して山口県下関市の下関港に帰港した。調査期間中、反捕鯨団体「シー・シェパード」などによる妨害行為はなかった。

 岸壁では、調査母船「日新丸」と、目視採集船「勇新丸」「第3勇新丸」の計3隻を出迎える市主催…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

あわせて読みたい

ニュース特集