自公

カジノ最大3カ所 見直しは7年後 最終調整入り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民、公明両党は30日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案に盛り込む認定区域の上限を「3カ所」とする最終調整に入った。4~5カ所を主張してきた自民党が、2~3カ所にとどめようとした公明党に歩み寄った。4月2日に予定する次回会合でカジノ規制全般の合意を目指す。

 両党は30日、IRに関するワーキングチーム(WT)の会合を開き、カジノ面積の上限について「IR全体の3%」で合意した。公明党は政府原案…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集