産官学共同事業

ICT、AI活用し新スポーツビジネスを

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)などを活用し、スポーツ関連の新たなビジネスやサービスの創出を目指す産官学共同事業体「スポーツテック&ビジネスラボ」が30日、発足した。

 同事業体はNTTデータ経営研究所と早稲田大学スポーツビジネス研究所の呼び掛けで設立。毎日新聞社など28企業・団体が参加し、東京都内で設立総会を開いた。

 近年は、身につけるウエアラブル端末で心拍数などのデータを収集し運動選手の健康管理に応用するなど、スポーツ分野でICTの活用が進んでいる。これまでスポーツと縁遠かった企業の参入も相次いでいるが、橋渡し役の不足が指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集