東電

原電の経営支援確認 東海第2原発の再稼働

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
停止中の東海第2原発=茨城県東海村で2017年3月4日午前10時39分、本社ヘリから長谷川直亮撮影
停止中の東海第2原発=茨城県東海村で2017年3月4日午前10時39分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 日本原子力発電(原電)が目指す東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働を巡り、東京電力ホールディングス(HD)は30日の取締役会で原電を経営面で支援することを確認し、原電に伝えた。原電が金融機関から資金を借り入れる際の債務保証を軸に検討を進めるが、具体的な支援方法は決まっていない。具体性を欠く中、原子力規制委員会の審査を通過できるかは見通せない。【片平知宏】

 原電は昨年11月、東海第2の運転期間の延長を規制委に申請。延長の前提となる再稼働の安全審査で規制委は審査合格の条件として約1740億円に上る安全対策工事費用の調達計画の提示を求めた。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文816文字)

あわせて読みたい

注目の特集