メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アッシジの聖フランチェスコ」の日本初演を成功など

 日本音楽界の発展に顕著な功績を上げた個人・団体に贈られる第49回サントリー音楽賞(サントリー芸術財団主催)は30日、読売日本交響楽団に決まった。メシアンの大作「アッシジの聖フランチェスコ」の日本初演を成功させるなど「充実した事務局態勢の下、多彩な活動で2017年の音楽界を席巻した」と評価された。賞金は700万円。

     また、意欲的な演奏会を顕彰する第17回佐治敬三賞は「三輪真弘+前田真二郎 モノローグ・オペラ『新しい時代』」に贈られる。2000年に初演された三輪作曲の音楽劇を、前田が最新の映像技術でよみがえらせた。賞金200万円。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. チリ 「121歳」の男性死亡
    3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]