メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

「性のあり方」相談教職員の存在、周知は3割

セクシュアル・マイノリティー支援の実態調査で明らかに

 全国の中学校を対象にしたセクシュアル・マイノリティー(性的少数者)支援の実態調査で、セクシュアリティー(性のあり方)の悩みを相談できる教職員の存在が生徒に周知されている学校が全体の3割にとどまっていたことが明らかになった。調査に当たった山梨英和大(甲府市)の本多明生准教授は「生徒からの相談に対応する体制には課題がある」と指摘している。

 本多准教授と同大大学院の矢崎胡桃(くるみ)さん(25)が、無作為に抽出した全国の中学校1800校を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです