メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

高裁結論は18年度に

 1966年に起きた「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)が出す結論は、新年度に持ち越される。昨年の時点では、今年度内に結論が示されるとみられていたが、ずれこむことになった。

     弁護団は、袴田さんが高齢であることを踏まえ、早期に決定を出すよう今月12日に高裁に申し入れた。弁護団は「袴田さんは一見、普通の生活をしているように見えるが、まだ死刑執行の恐怖で妄想の世界にとどまっている。そこから抜け出すには一日も早い(高裁の)即時抗告棄却決定が必要だ」としている。【石山絵歩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
    3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
    4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]