メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

高裁結論は18年度に

 1966年に起きた「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)が出す結論は、新年度に持ち越される。昨年の時点では、今年度内に結論が示されるとみられていたが、ずれこむことになった。

     弁護団は、袴田さんが高齢であることを踏まえ、早期に決定を出すよう今月12日に高裁に申し入れた。弁護団は「袴田さんは一見、普通の生活をしているように見えるが、まだ死刑執行の恐怖で妄想の世界にとどまっている。そこから抜け出すには一日も早い(高裁の)即時抗告棄却決定が必要だ」としている。【石山絵歩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]