メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォトスクランブル

音更の小さな鉄道博物館・十勝晴駅 終着駅のない路線 1万点超の収集品 愛好家と新たな出会い /北海道

「ふるさと銀河線」のNゲージ模型を見つめる穂積さん。ジオラマには「撮り鉄」たちがカメラを構えていた=北海道音更町で2018年3月18日、梅村直承撮影

 JR帯広駅からバスで約20分。音更町の住宅街の中に突然現れるのが「十勝晴(ばれ)駅」と書かれた平屋の「駅舎」だ。玄関を開けると、古い木製の扉から駅長の格好をした男性が姿を現した。「このドアは根室本線を走っていた鈍行『からまつ』のドアなんですよ」と、穂積規(ただし)さん(57)がにっこり笑った。

 2014年2月、自宅敷地内にあった10坪の建物を改築し、「小さな鉄道博物館・十勝晴駅」を開設した。本職の建築設計士の知識を生かし、強度を高めた博物館には、40年以上かけて集めた1万点超の鉄道コレクションが並ぶ。

 鉄道のすべての分野を愛する穂積さん。鉄道に初めて引かれたのは5歳の頃。後に廃止された旧士幌線木野駅…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです