新潟・福島豪雨

只見川ダム訴訟 控訴へ 原告側、1審判決不服で /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2011年7月の新潟・福島豪雨で浸水被害を受けた金山町の住民ら34人が只見川氾濫の責任を問いダム管理者の東北電力とJパワー(電源開発)を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、原告側は請求を棄却した福島地裁会津若松支部の判決を不服として仙台高裁に控訴する方針を決めた。

 30日に町開発センターで開いた集会で表…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文305文字)

あわせて読みたい

ニュース特集