メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

経緯と課題考える 「強制に近い手術もあった」 新潟で学習会 /新潟

 旧優生保護法(1948~96年)で不妊手術を強制された障害を持つ人が県内にも多数いたことを受け、新潟市中央区で3月31日、同法を考える学習会が開かれた。

 同市議や県人権・同和センターらによる学習会実行委員会が主催。呼び掛け人の一人の敬和学園大、藤野豊教授が登壇、同法成立の経緯や今後の課題について語った。

 同法は遺伝性疾患や知的障害、ハンセン病患者らへの不妊手術(優生手術)を認めたもの。医師が必要と判断…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです