メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜競輪、動く

新たなファンを探して/下 ギャンブルからスポーツへ 地元若手スター誕生で期待 /岐阜

 昔ながらのファンにとって、さまざまな情報を検討して展開を予想することが競輪の醍醐味(だいごみ)だった。「しかし」と岐阜市の田中和弘競輪事業対策審議監は言う。「そうした複雑な予想は若者に必ずしも好まれない。むしろそれが敬遠される一因との見方もあるようです」。このため、競う自転車数を減らし距離も短くするなどルールを単純化したこともミッドナイト競輪の特徴の一つだ。

 市は、赤字にならない限り続けるという立場で、市議会もおおむね、収益なくして存続なしとの立場だ。ミッ…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです