メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜競輪、動く

新たなファンを探して/下 ギャンブルからスポーツへ 地元若手スター誕生で期待 /岐阜

 昔ながらのファンにとって、さまざまな情報を検討して展開を予想することが競輪の醍醐味(だいごみ)だった。「しかし」と岐阜市の田中和弘競輪事業対策審議監は言う。「そうした複雑な予想は若者に必ずしも好まれない。むしろそれが敬遠される一因との見方もあるようです」。このため、競う自転車数を減らし距離も短くするなどルールを単純化したこともミッドナイト競輪の特徴の一つだ。

 市は、赤字にならない限り続けるという立場で、市議会もおおむね、収益なくして存続なしとの立場だ。ミッ…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです