メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聴覚障害ダンスチーム

姫路で大会出場 手拍子見ながらステップ 音楽流さず、観客と一体に /兵庫

手拍子に合わせて踊る里勝弘さん(右)と川越裕司さん=兵庫県姫路市西延末で、待鳥航志撮影

 日ごろの練習の成果を披露するダンスイベント「ダンススター誕生 in HIMEJI」(姫路スターライオンズクラブ主催)が31日、姫路市西延末の市文化センターで開かれた。参加約60チームの中には、聴覚障害者のチーム「サウンドマエストロ」の姿も。音楽の代わりに、観客の手拍子を見ながらリズミカルな踊りを披露した。

 イベントは、ダンスが中学校の体育で必修化されたことを機に、2012年から開かれている。学生部門と一般部門に分かれ、工夫を凝らした踊りを披露した。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです