メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜植樹

愛され20年 8日まで「秋篠川祭り」 奈良 /奈良

植樹20年を迎え、満開の桜に笑顔の「秋篠川源流を愛し育てる会」のメンバー=奈良市で、大西咲子撮影

 奈良市西部の大渕池を起点とする秋篠川の源流域(奈良市中山町西)で31日、「秋篠川さくら祭り」が始まった。1・3キロにわたって咲き誇る桜並木は20年前に地元住民の手で植樹され、大切に育てられてきた。桜を維持管理する「秋篠川源流を愛し育てる会」の吉澤定之会長(72)は“成人式”を迎えた満開の桜を見上げ、「散策する人も増え、地域の憩いの場になった。今後ますます活躍してほしい」と喜ぶ。

 桜は1998年に植樹された。川沿いを練習コースとしていた地元のランニングクラブのメンバーが、殺風景…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです