メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

46.56% 毎月分配型投信のシェア 超低金利で人気陰り

 分配金を毎月受け取れる「毎月分配型投資信託」の純資産が一般的な投信(上場投資信託を除く)に占める割合は、2017年に46・56%となり、協会に記録が残る11年以降では初めて5割を切った。年金を補う目的の高齢者を中心に国内で圧倒的な人気を誇っていた毎月分配型投信だが、元本取り崩しの可能性があるとの指摘や経済環境の変化などを受け、その勢いには陰りが見えている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです