メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 本欄で何度か取り上げてきたのが「稽古(けいこ)」や「修業」。コツコツ続けることの重要性は言うまでもないが、それだけでは足りないと筆者は指摘する。そのことを実感する機会が訪れた。長年、茶の湯の世界に身を置いてきた筆者にとっても得難い機会だったようで--。

 平昌五輪・パラリンピックで、日本人選手らの活躍に感動した方も多かったのではないだろうか。メダルを獲得した選手も、届かずに涙を流した選手も、その練習量は我々凡人では推し量ることのできない時間をかけているに違いない。

 一流の選手は、トレーナーなどの的確な助言と指導のもとで練習を継続していくからこそ成績が上がっていく。自分勝手な練習や訓練が結果に結びつかないのは、ゴルフをされたことのある方ならば納得いただけるのではなかろうか。スポーツに限らず、能や歌舞伎などの舞台芸術、茶道・華道・香道などの伝統文化でも同様のことがいえよう。

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです