メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『私はあなたの記憶のなかに』=角田光代・著

 (小学館・1620円)

風変わりな人に出会う楽しみ

 現在、第一線にいる女性作家は、話上手というか、物語の語り方がうまい人が多いけれど、角田光代氏はそのなかでも格別にうまいといえるだろう。

 意外なストーリーの展開のなかで、風変わりだけれども、人を惹(ひ)きつけずにはおかない人間が現われる。そういう人間と数多く対面できるのは、短篇小説を読む大きな楽しみでもある。この本でもそれを満喫できた。

 「父とガムと彼女」の初子さんは、そういう風変わり人間のひとり。語り手の「私」が小学校に通うようになってから三年半、登下校につきそってくれた人だ。収入のない脚本家の父に代わって、母が働きに出たため、若い初子さんがつきそいになった。

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです