メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『庭』 著者・小山田浩子さん

 ◆著者・小山田浩子(おやまだ・ひろこ)さん

 (新潮社・1836円)

世界ってこんなもんだ

 のんきな人物たちによる、ありふれた物語のように書き起こされながら、ハッと気付くと読者はとんでもない所に宙づりにされている。そんな小説が持ち味の作家による15の短編集。「広い庭」という作品では、主人公の少年が母親の運転する車に乗り、母親の大学時代の友人宅へ遊びに向かっている。「豪農」らしき巨大な家の前に通りかかると<だだ広い駐車場に大きくて平たくて四角い黒い車が一台だけ駐(と)まり、その隣に黒くて車輪が赤いベビーカーが横倒しになっていた>とある。

 伏線、それも極めて不吉な影としか思えないが、物語はどんどん先へ進み、回収されない。あのベビーカーは…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです