メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『庭』 著者・小山田浩子さん

 ◆著者・小山田浩子(おやまだ・ひろこ)さん

 (新潮社・1836円)

世界ってこんなもんだ

 のんきな人物たちによる、ありふれた物語のように書き起こされながら、ハッと気付くと読者はとんでもない所に宙づりにされている。そんな小説が持ち味の作家による15の短編集。「広い庭」という作品では、主人公の少年が母親の運転する車に乗り、母親の大学時代の友人宅へ遊びに向かっている。「豪農」らしき巨大な家の前に通りかかると<だだ広い駐車場に大きくて平たくて四角い黒い車が一台だけ駐(と)まり、その隣に黒くて車輪が赤いベビーカーが横倒しになっていた>とある。

 伏線、それも極めて不吉な影としか思えないが、物語はどんどん先へ進み、回収されない。あのベビーカーはいったい何だったのだ? 「主人公が事実として見たんでしょうね。私の場合、感じたり考えたりしたことよりも、見たこと聞いたことを書ければ作品になる。私は世界を変えなければならないとは思っていません。こんなもんだ、と思っている。だから語り手たちはのんきなんでしょうね」

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです