メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
今週の本棚・新刊

『死の貌(かたち) 三島由紀夫の真実』=西法太郎・著

 (論創社・3024円)

 三島由紀夫に関する作品論や研究書はあまたあるが、これほどまでに「真実」の追究にこだわった著作はなかったのではないか。

 本書は、文壇への道を開いてくれた川端康成との恩讐(おんしゅう)▽三島事件を察知しながら「放置」した公権力▽公表されなかった家族宛ての遺書から浮かぶ死の「実相」など4部構成。机上で論を立てるだけでなく、作家を知る関係者らを探し歩いた。膨大な作品群の行間…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです