メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

産科の実態伝えたい シビアな現場、魅力も=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

コウノドリ

 大阪の南端にあるりんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)に勤務しています。専門は周産期医療。周産期とは妊娠22週から出生後7日未満までを指しますが、「22週以降しか診ません」という周産期科医はほとんどいません。私も、妊娠前や妊娠初期はもちろん、月経困難症(生理痛)から更年期の諸症状、子宮や卵巣の腫瘍や避妊相談まで診察しています。

 1980年代後半に学生時代を過ごした、いわゆる「バブル世代」です。ドラマで有名な半沢直樹さんと一緒…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです