メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

産科の実態伝えたい シビアな現場、魅力も=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

コウノドリ

 大阪の南端にあるりんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)に勤務しています。専門は周産期医療。周産期とは妊娠22週から出生後7日未満までを指しますが、「22週以降しか診ません」という周産期科医はほとんどいません。私も、妊娠前や妊娠初期はもちろん、月経困難症(生理痛)から更年期の諸症状、子宮や卵巣の腫瘍や避妊相談まで診察しています。

 1980年代後半に学生時代を過ごした、いわゆる「バブル世代」です。ドラマで有名な半沢直樹さんと一緒…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです