メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊目的で放射線 厚生省「研究」容認 被害有無不明 終戦直後に文書 藤野豊教授(日本近現代史)の話

[PR]

「お墨付き」の責任大きい 旧優生保護法の問題に詳しい敬和学園大の藤野豊教授(日本近現代史)の話

 法律の施行直後から、国が違法なレントゲン照射にお墨付きを与えていたことを示す。不妊の確実性や人体への影響を調べる目的だとしても、自らの意思を表せない障害者らが対象にされていた可能性があり、国の責任は大きい。照射の有無を含め解明が必要だ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

    3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

    4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです