メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊目的で放射線 厚生省「研究」容認 被害有無不明 終戦直後に文書 藤野豊教授(日本近現代史)の話

「お墨付き」の責任大きい 旧優生保護法の問題に詳しい敬和学園大の藤野豊教授(日本近現代史)の話

 法律の施行直後から、国が違法なレントゲン照射にお墨付きを与えていたことを示す。不妊の確実性や人体への影響を調べる目的だとしても、自らの意思を表せない障害者らが対象にされていた可能性があり、国の責任は大きい。照射の有無を含め解明が必要だ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
    3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
    4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
    5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです