メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
太陽の鐘

岡本太郎作品よみがえる 街のシンボルに

広瀬川河畔に完成した「太陽の鐘」のモニュメント=前橋市千代田町で2018年3月31日、神内亜実撮影

 満開の桜が咲き誇る前橋市の広瀬川河畔に3月31日、芸術家の故岡本太郎さんが制作し、幻の作品となっていたモニュメント「太陽の鐘」がよみがえった。「前橋の大地に太陽のようなエネルギーを注ぎ、新たな命として芽吹かせたい」との願いを込め、街のシンボルを目指す。【神内亜実】

 「小さい時から変な鐘がある、前橋にしかない鐘があると思って自慢にしてほしい」。この日行われた完成記念式典で、移設に尽力した同市出身のコピーライター、糸井重里さんは集まった子どもたちに呼び掛けた。太陽の鐘は1966年、日本通運が静岡県韮山町(現伊豆の国市)に開設したレジャー施設「伊豆富士見ランド」に設置されていた。99年の閉園後は、跡地にできた同社研修センターの倉庫で眠ってきた。

 「もう一度、世に送り出したい」。日通と著作権者の公益財団法人「岡本太郎記念現代芸術振興財団」が活用…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文884文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです