自衛隊機

「共同交戦能力」の搭載検討 米軍と連携強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同交戦能力(CEC)の運用例
共同交戦能力(CEC)の運用例

 防衛省は、敵の巡航ミサイルや航空機の位置情報を味方同士で共有する「共同交戦能力(CEC)」システムを自衛隊機に搭載し、先行導入した米軍と共同運用する検討を始めた。E2D早期警戒機に搭載し、対空戦での米軍との連携強化や自衛隊の防空能力の向上を目指す。

 米国に対する武力攻撃への対処を念頭に、集団的自衛権の行使を限定的に容認した安全保障関連法の施行から3月29日で2年が経過。運用面でも自衛隊と米軍の一体化が進む。

 防衛省は、2019~20年度に完成する海上自衛隊の新型イージス艦2隻に自衛隊で初めてCECを搭載する予定だ。さらに航空自衛隊が19年度から本格運用するE2D(4機)に追加で搭載することを検討している。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集