メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒューストン・オープン

ポールターが首位タイ「明日はコースに出て、自分のすべきことをするだけだ」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ヒューストン・オープン 3日目

PGAツアー第22戦 ヒューストン・オープン/テキサス州 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン

ポールターがマスターズ出場に向けて猛チャージ

 イアン・ポールターはこれまで、マスターズに何度も出場し、そのすべてで予選通過している。一方のボウ・ホスラーは、マスターズに出場した経験は一度もない。

MORE:ヒューストン・オープンの最新スコアはここをクリック!

 この2人は今、マスターズの出場者として名前を連ねる最後の選手になる可能性を持っている。だが、2人ともそのことについては考えたくないという。

 42歳のポールター、この日は7アンダー65と勢いに乗り、ヒューストン・オープンで首位タイに浮上した。

 23歳のツアールーキー、ホスラーは18番パー4で2メートルのバーディパットを沈め、3アンダー69でホールアウト、通算14アンダーでポールターに並んだ。

 フルのフェデックスカップ・ポイントを獲得できるすべてのPGAツアー大会同様、ヒューストン・オープンのタイトルも、翌週のマスターズ出場権をそのまま意味している。

 だが、マスターズ出場について聞かれたとき、ポールターは「そのことは考えていないし、話もしていないよ」と答えた。

「明日はコースに出て、楽しむつもりだ。もしこうなったら、とか、でも、とか、考えられることはたくさんある。でも、それについての感情は、今は特にないよ。勝ち負けは関係ない。ただ、自分のすべきことをするだけだ」

ボウ・ホスラーも通算14アンダーで首位に並んでいる Photo by Stacy Revere/Getty Images

 ホスラーは過去に、メジャー大会でリーダーボードのトップに躍り出た経験がある。まだハイスクール在籍中だった2012年の全米オープンで、ほんの短時間ながら首位に立ったのだ。そしてマスターズに出場することになったら、「最高だ」と話す。

 だが、そのことについて考えすぎることは、明日の最終日、「トラブル」につながるだけだ、とも話す。

 初日は1オーバー73だったポールター。予選落ちを想定して帰り支度を始めたものの、2日目には8アンダー64をマーク。65以上のスコアを連続でマークしたのは、PGAツアーで最後に優勝した2012年以来のことだ。

 PGAツアーにおける23年のキャリアの中で、この2日間はベストの連続ラウンドとなったかと聞かれ、ポールターは「パッティングという点からしたら、まさしくそうだね」と答えた。

 イングランド出身のポールターは、ライダーカップで欧州チームを優勝にもたらした重要なパットを決めたことで知られる。

 今大会では肩を少し開いて、ラインがより明確に見えるように修正した。その結果、初日の14ホール目から41ホール連続でノーボギー。15個のバーディを積み上げた。

「解決へのカギが見つかったと思いたい」とポールター。

「書き留めておかないといけないな。失くしてしまったときには、またそれを読み返せるように」

ポールター(右)は先週のWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権で、マスターズ出場まであと一歩のところまで迫った Photo by Richard Heathcote/Getty Images

 ポールターは先週、WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権で準々決勝に残り、マスターズの切符まであと一歩のところに近づいた。

 世界ランキング51位に浮上したが、マスターズの出場権を獲得できる50位以内には、惜しくも入れなかったのだ。

 準々決勝に残ったことにより、ランキングによるマスターズ出場はほぼ確実だろうと報道陣がポールターに話していたこともよくなかった。

 準々決勝のプレーが始まる直前、ツアー関係者は、ポールターがマスターズに出るには準決勝まで行く必要があると修正した。

 その知らせがポールターのプレーに悪影響を及ぼし、ケビン・キズナーに8&6で手痛い負けを喫した。ポールターはそのときのことを振り返る。

「何人かに言われたことが、ボクの頭の中に侵入してきてしまった。ああいうのはよくないことだ。木曜には、少し怒りを感じていたと思う。たぶん、(マスターズに)出ようと、自分自身を追い立てていたんだと思う。それがうまく行かなくて、それで考え直した。頭の中のモヤモヤを追い払って、リセットして、また始め直そうと」

リッキー・ファウラーは1オーバー73とスコアを落とし、通算9アンダー17位タイに後退 Photo by Stacy Revere/Getty Images

 首位と2打差の通算12アンダー2位タイは4人。豪州のグレッグ・チャルマース(この日のスコアは65)、アルゼンチンのエミリアーノ・グリロ(67)、アメリカのケビン・ツエー(69)、そしてアイルランドのポール・ダン(69)。いずれもオーガスタ出場経験はない。

 リッキー・ファウラーは出だし4ホールで3バーディを決めたが、6番パー4でダブルボギーを叩いた。

 そして13番パー5では2メートルから3パットとしてトリプルボギーと失速。1オーバー73とスコアを落とし、首位と5打差の通算9アンダー17位タイに後退した。

 ジョーダン・スピースは1シーズンの長きにわたって、パターの不調に苦しめられていたが、今大会では好調を取り戻しつつあるかのように見えた。

 だが、この日は序盤8ホールで3パットが4回。そのうち2回は1.2メートル以内を外した。この日のスコアは1アンダー71。首位と4打差の通算10アンダー13位タイだ。

 ヘンリック・ステンソンとマット・クーチャーは通算11アンダーで、首位と3打差の通算11アンダー7位タイにつけている。

フィル・ミケルソンもイーブンパー72とスコアを伸ばせず、優勝争いから脱落した Photo by Stacy Revere/Getty Images

 2日目にボビー・ゲイツが最終ホールでボギーを叩いたことにより、追加で20人が予選通過。そして3日目にティーオフしたのは、合計90人。この3年近くのツアー大会で最大の人数だ。

 土曜日に2度目の予選カットが実施された結果、最終日には75人がプレーすることになった。その中には通算5アンダー55位タイのフィル・ミケルソンもいる。

 ミケルソンはこの日、6バーディ、1ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーのイーブンパー72と、出入りの激しいゴルフだった。

 優勝の望みはなくなったミケルソン。日曜の狙いはオーガスタに向けての調整だ。ホスラー、ポールター、そしてその他の選手も、優勝、そしてオーガスタへの望みをかけて、明日を迎える。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです