メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「亡命」韓国人・鄭敬謨さん 93歳 祖国に春は来ますか? 朝鮮半島統一に生涯ささげ

「わが民族はひとつ。統一の春は来るよ」と自宅の庭で語る鄭敬謨さん=横浜市で、鈴木琢磨撮影

 歴史が動く瞬間がある。いまがそのときなのかもしれない。どうしても会いたい人がいた。鄭敬謨(チョンギョンモ)さん。93歳。遠く日本の地で、分断された朝鮮半島の統一に生涯をささげてきた「亡命」韓国人である。祖国に春は来ますか?【鈴木琢磨】

 「いいニュースだ」。3月27日の昼下がり、横浜市にある鄭さん宅を久しぶりに訪ねると、サンタクロースのごとき白いヒゲをなで、そう言った。モスグリーンの北朝鮮の特別列車が北京にやってきていた。乗っていた要人が誰なのかまだ公式発表はなかったが、タイミングからして金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に違いないと、鄭さんはにらんでいた。「留学してヨーロッパの空気を吸った若い指導者ですよ。このままではやっていけないことはよくわかっている。そのためにまず中国との友好関係を確立しておこうとしたんだ」

 1970年、時の韓国・朴正熙(パクチョンヒ)政権から逃れ、日本で祖国の民主化運動に身を投じた鄭さん…

この記事は有料記事です。

残り2385文字(全文2800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです