メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

猪熊弦一郎 題名不明 画家好みの自由奔放さ

 黒いかたまりが二つ。正体は、にらみ合う雄猫たちだ。

 鼻と鼻がこすれ合うくらいの近さで対峙(たいじ)する2匹。とがった歯はむき出し。ピンと立てた前脚や丸い背中には、緊張感が漂う。あたかも簡単そうに表現しているが、特徴をよく捉えている。

 猪熊弦一郎は無類の猫好きとして知られた。夫婦には子供がおらず、いつの間にか動物を可愛がるようになったという。多いときは「いちどに1ダースの猫を飼っていた」というだけあって、生活のなかで生態を観察するのにもってこいだった。雄猫が威嚇し合う姿も面白がってたくさん作品に残しており、作風の展開を楽しむことができる。

 最初に描いたのは1933年、30歳の春。食糧難の戦争末期には疎開先にまで連れて行き、食卓の上にも自…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文810文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]