連載

POPSこぼれっ話

環境が大きく様変わりしても、大衆音楽は人を喜ばせ元気づけます。記事からこぼれ落ちてしまったものの、どこか気になるポピュラー話を紹介します。

連載一覧

POPSこぼれっ話

LPは懐古趣味ではない

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」
ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」

 ソニーがマイナーなニッチ商品と考えられてきたアナログディスクつまりレコードの一貫製造に乗り出し、その第1弾が発売された。洋楽がビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」、邦楽が大瀧詠一作品集3「夢で逢えたら」の2作品である。この2人のアーティストは、1982年10月、世界初の商業CD第1号。“先祖返り”に最もふさわしいというわけである。

 ソニーがレコードの一貫生産を行うのは約29年ぶり。「真っさらから始めるのと同じくらい」のプロジェクトだったと関係者は言う。それくらい大変な企画を進める背景は「もはやCDの時代ですらない」という音楽産業を取り巻く状況である。日本でCDの売り上げがほぼ横ばいなのは知られるところであるが、世界ではCDも売れていない。スマホやパソコンなどで曲を買い、イヤースピーカーで聴くのが常識となっている。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文846文字)

あわせて読みたい

注目の特集