メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢つないで

魅惑のタカラヅカ 宙組公演 シトラスの風-Sunrise- 新トップ2人、夜明けの祝祭

宙組「シトラスの風」より、「夜明け」をイメージした場面で歌う真風涼帆=兵庫県宝塚市で、平川義之撮影

 宝塚大劇場で宙(そら)組が上演中のレビュー「シトラスの風」は1998年の宙組誕生時に上演された同名レビューの改訂版だが、今回は副題に「Sunrise(サンライズ)」が付く。宝塚を代表するレビュー作家の岡田敬二が、この公演でお披露目となる真風涼帆(まかぜすずほ)と星風(ほしかぜ)まどかの新トップコンビのために「宙組の新たな夜明け」との意味を込めた。

 今作は、岡田が美しさや上品さにこだわって84年から作り続けてきた宝塚の王道レビュー「ロマンチック・…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです