メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと秋田

本荘由利特集 「おもちゃ駅」整備へ 由利高原鉄道、改修費ネットで募集 /秋田

 第三セクター「由利高原鉄道」は今夏の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」オープンに合わせ、最寄りの「鮎川駅」の改修計画を進めている。「子どもたちが楽しめる空間に」と、改修資金(目標300万円)をインターネットのクラウドファンディングで募っている。

     同鉄道によると、同駅の愛称を「おもちゃ駅」としてリニューアルする。駅舎はデザインを一新。駅舎の隣にある駐輪場を改修し、親子連れがくつろげる待合室にする。春田啓郎社長は「わくわく感が持てるようなレイアウトにしたい」と意気込む。

     寄付の受け付けは24日まで。1万円以上の場合は寄付者名入りで、車掌の帽子をかぶったこけしがプレゼントされる。希望すれば、矢島駅の専用の置き場に飾ることができる。また由利本荘市は、同鉄道提供の車両を改装した「おもちゃ列車」の整備を進めており、列車、駅舎、美術館が一体となった演出が施される。

     春田社長は「駅を楽しい空間に作り替え、観光客増加につなげたい」と話している。【川村咲平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
    5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]