メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

宮口勝美・浪江町副町長 復興へ本格的正念場 穏やかに暮らせる環境を /福島

 --避難指示の一部解除から1年がたった。

 昨年は復興拠点整備計画が国に承認され、今年は町内に新設した「なみえ創成小、中学校」が開校する。今年は「復興・創生期間」の折り返し地点で、馬場有町長は「復興の本格的な正念場」と位置づけている。私は解除後、役場近くで妻と暮らしており、避難先だった二本松市からでは分からなかった課題が見える。

 --生鮮食品を多く扱う店が町に一つもできない。

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1551文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです