メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

宮口勝美・浪江町副町長 復興へ本格的正念場 穏やかに暮らせる環境を /福島

 --避難指示の一部解除から1年がたった。

 昨年は復興拠点整備計画が国に承認され、今年は町内に新設した「なみえ創成小、中学校」が開校する。今年は「復興・創生期間」の折り返し地点で、馬場有町長は「復興の本格的な正念場」と位置づけている。私は解除後、役場近くで妻と暮らしており、避難先だった二本松市からでは分からなかった課題が見える。

 --生鮮食品を多く扱う店が町に一つもできない。

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです