メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18記者リポート

本州最古の「火きり臼」 現場の目利きで発見 専門家と連携 石川・真脇遺跡

火きり臼出土の記者会見で、それぞれの立場から知見や意義を語る専門家ら。右から2人目は首都大学東京の山田昌久教授、右端が真脇遺跡縄文館の高田秀樹館長=石川県能登町の同館で、久木田照子撮影

 石川県能登町の真脇遺跡(国史跡)で見つかった火おこしの道具「火きり臼(うす)」が、約3300年前(縄文時代後期末~晩期初頭)に作られた本州最古のものと判明した。一見、朽ちかけたような板。洗浄作業をしていた担当者が見落とさず、さまざまな分野の研究者と連携して調べ尽くしたことが、大きな発見に結びついた。【久木田照子】

 真脇遺跡は縄文時代の集落跡。約6000年前から約3700年間続いた「縄文人の生活を伝える遺跡」で、…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです