メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR上野原駅

南口広場オープン 地域活性化の拠点期待 /山梨

 JR上野原駅の南口駅前広場が整備され、1日から供用が始まった。東京・新宿駅まで約60キロと近い距離にある同駅は山梨県の東の玄関口。人口減少が続く上野原市の活性化の拠点となることが期待されている。

 完成した駅前広場にはタクシーや路線バスの乗降場のほか、送迎駐車場や駐輪場が整備された。観光案内や市特産品を販売する地域活性化施設「ふらっと上野原」も新設。県内に拠点を持つ二つの商業施設が6月にはオープンする予定だ。

 市などによると、同駅は1日当たり約1万人が利用しており、県内では甲府、大月の両駅に続いて客数が多い。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです