特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

準々決勝 智弁和歌山、伝統の力 応援団、気持ち一つに(その1) /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【創成館-智弁和歌山】十回裏智弁和歌山2死一、二塁、黒川のサヨナラ打で冨田が生還=阪神甲子園球場で、山崎一輝撮影 拡大
【創成館-智弁和歌山】十回裏智弁和歌山2死一、二塁、黒川のサヨナラ打で冨田が生還=阪神甲子園球場で、山崎一輝撮影

 <センバツ2018>

 逆転サヨナラで18年ぶりの4強--。智弁和歌山は1日の第90回記念選抜高校野球大会・準々決勝で創成館(長崎)と対戦し、驚異の粘りを見せて延長十回、11-10で勝利した。準決勝は大会第11日・第1試合(3日午前11時開始予定)で、準優勝した2000年以来の決勝進出をかけて、東海大相模(神奈川)と対戦する。【木原真希、森田采花、中村紬葵】

創成館

  3011202001=10

  0110401022=11

智弁和歌山

劇的勝利にスタンド興奮

 一時5点差までリードを広げられていた智弁和歌山は中盤以降、伝統の強打を発揮し、逃げ切りを図る創成館を必死に追い上げた。

 7-9で迎えた九回裏、文元洸成主将(3年)が安打で出塁すると、後続の2人が四球を選び、2死満塁とした。打席に立った主戦・平田龍輝投手(3年)は左前にしぶとく運んで2人を還し、延長戦に持ち込んだ。

 一塁側アルプススタンドでは生徒同士が跳び上がって抱き合い、応援の様子を撮影していた同校写真部員も「シャッターを切るのを忘れるほど興奮している」と喜んだ。

粘りの攻撃に沸く智弁和歌山のアルプススタンド=阪神甲子園球場で、木原真希撮影 拡大
粘りの攻撃に沸く智弁和歌山のアルプススタンド=阪神甲子園球場で、木原真希撮影

 9-10で迎えた十回裏、四死球で2死一、二塁とし、試合は最大のヤマ場を迎える。二回にソロ本塁打を放った黒川史陽(ふみや)選手(2年)が打席に立ち、スタンドのボルテージは最高潮に達した。

 「絶対に打てる自信があった。追い込まれても焦りはなかった」と黒川選手。2ストライクから変化球を左翼手の頭上へと運び、劇的な逆転サヨナラ打で激闘に終止符を打った。

 試合は序盤から大きく動いた。先発・小堀颯投手(3年)が一回3点を奪われると、三回にも追加点を許す。

 しかし、ここまでの2試合で無安打の黒川選手が二回にソロを放ち、反撃の口火を切った。上宮(大阪)の主将として1993年センバツで優勝した父洋行さん(42)は「持ち味の打撃ができていた」と拍手を送った。

 2-7の五回には、3四球に単打3本や犠飛を絡めて一挙4点と追い上げる。応援団は、ビッグイニングを演出する応援歌「ジョックロック」で選手を後押しした。吹奏楽部の山形優葵乃(ゆきの)さん(1年)は「ここで決めてほしいと祈っていた」と話した。

 終始リードを許した試合で勝利をたぐり寄せ、吉本英治教頭は「よくやった。本当にうれしい。あと2勝です」と声を弾ませた。

次に読みたい

あわせて読みたい