特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

準々決勝 智弁和歌山、伝統の力 応援団、気持ち一つに 監督・主将の話 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

もう無理かと 智弁和歌山・高嶋仁監督

 選手には「諦めるな」と言っていたが、一時はもう無理かなという気持ちになった。序盤の失点を五回までに1点差にできたのが良かった。まだ甲子園にいたいという気持ちがしぶとさにつながった。捕手の配球が良くなかったのが課題。(逆転サヨナラ打の)黒川は球を捉えてよく打った。

チーム最も団結 智弁和歌山・文元洸成主将

 ロースコアの試合になると思っていたが、一回に3失点した時点で打ち合いになると確信した。七回の攻撃前に高嶋監督から「勝つ気はあるのか」と言われ、チームが引き締まった。これまででチームが最も一致団結した試合だった。この興奮は一度リセットし、次戦は先手必勝でいきたい。

次に読みたい

あわせて読みたい