メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR三江線

廃止 代替バス運行開始 三次、安芸高田で出発式 /広島

代替交通として準備された真新しい小型バスに乗り込む住民ら=広島県三次市作木町の川の駅常清で、岡本幸信撮影

 JR三江線(三次市-島根県江津市、108・1キロ)が3月31日で廃止されたことに伴い、代替交通となる3路線15往復(平日)の路線バス運行が1日、始まった。三次、安芸高田両市では出発式が行われた。

 代替バスは、備北交通(庄原市)が既存路線の作木線(三次市-島根県美郷町)を延伸、増便して平日5往復させるほか、君田交通(三次市)が三次市街から川の駅常清(じょうせい)(同市作…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド その不自由さ、正しいか シンガー・ソングライター 小室等さん フォーク歌い半世紀、コロナ禍の日本へ問い

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  4. 消えた家畜~技能実習生の闇 <下>シャワーはビニールテント ボルトを投げつけられ あるベトナム人実習生の告白

  5. 覚醒剤減少も若者に大麻広がる 20代の検挙者が最多 犯罪白書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです