JR三江線

廃止 代替バス運行開始 三次、安芸高田で出発式 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
代替交通として準備された真新しい小型バスに乗り込む住民ら=広島県三次市作木町の川の駅常清で、岡本幸信撮影
代替交通として準備された真新しい小型バスに乗り込む住民ら=広島県三次市作木町の川の駅常清で、岡本幸信撮影

 JR三江線(三次市-島根県江津市、108・1キロ)が3月31日で廃止されたことに伴い、代替交通となる3路線15往復(平日)の路線バス運行が1日、始まった。三次、安芸高田両市では出発式が行われた。

 代替バスは、備北交通(庄原市)が既存路線の作木線(三次市-島根県美郷町)を延伸、増便して平日5往復させるほか、君田交通(三次市)が三次市街から川の駅常清(じょうせい)(同市作…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集