メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 全国知事「調査、国主導で」8割 個人情報の壁

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題で、毎日新聞が全都道府県知事に実態調査や救済をどう進めるかアンケートしたところ、8割が「被害の実態調査や救済は国の統一した対応が必要」と考えていた。また、2割が独自に調査を始めたか、検討中と答えたが、調査には個人情報保護の課題がある状況も浮かんだ。調査手法や救済のあり方について、国の早期の対応が求められている。

 国の統計資料では1万6475人が強制的な手術を受けたとされるのに対し、都道府県に資料が残るのは38…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1348文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです