メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓演習

始まる 北朝鮮に配慮 上陸訓練非公開

 【ソウル堀山明子】米韓両軍は1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックのため延期していた定例の合同野外機動訓練「フォールイーグル」を約1カ月の日程で開始した。演習には米軍1万1500人と韓国軍約30万人が参加。韓国国防省は「例年と同水準」としているが、昨年派遣された米原子力空母の派遣が見送られたほか、演習期間も昨年の2カ月から半分に短縮されており、事実上、規模は縮小した。27日の南北首脳会談と5月に開催される見通しの米朝首脳会談を控え、北朝鮮を刺激することを避けたとみられる。

     1~8日の日程で慶尚北道(韓国南東部)の浦項(ポハン)港付近で始まった上陸訓練では、米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)配備の強襲揚陸艦ワスプが、初めて最新鋭ステルス戦闘機F35Bを搭載して参加した。上陸訓練は例年、韓国メディアに公開されているが、今年は同行取材が認められず、演習の詳細も明らかにされていない。国防省によると、米国主導の在韓国連軍は3月20日、北朝鮮の朝鮮人民軍に演習日程を通知。防衛目的という趣旨も伝達したという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]