メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア

ボコ・ハラム拉致の少女ら(その2止) 洗脳・薬物、追い込まれ 次々テロ現場へ

ボコ・ハラムによる自爆攻撃を警戒する自警団員ら=2018年3月21日、小泉大士撮影

 

 ボコ・ハラムは洗脳に加え、薬物投与も行って少女らを自爆要員に仕立てている疑いが強まっている。3年前に兵士に助けられたアイシャさん(仮名、23)によると、自爆要員に選ばれた少女らには「儀式」が執り行われるが、この際、「濁った水」に漬けたナツメヤシの実を食べさせられた少女がいた。口にした後は高揚した様子で「戦闘員の言うことに従った」(アイシャさん)といい、治安関係者は液体に薬物が含まれていた可能性を指摘する。

 今回の取材では、拉致された少女や女性ら8人から話を聞くことができたが、戦闘員との結婚を拒んだ結果、…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです