メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

地域活性化のカギは? 英市民団体「ローカル・フューチャーズ」代表 ヘレナ・ノーバーグ・ホッジさん

ヘレナ・ノーバーグ・ホッジさん

 経済のグローバル化(地球規模化)の「しわ寄せ」に対する不満が各国で強まるなか、「グローバルからローカル(地域)へ」を合言葉に社会のあり方を見直す「ローカリゼーション運動」が注目されている。「格差や貧困、環境危機を解決に導く道はローカル経済を育てること」。そう語る英市民団体「ローカル・フューチャーズ」代表のヘレナ・ノーバーグ・ホッジさん(72)に背景を聞いた。【聞き手・明珍美紀】

--東京で昨秋、開かれたローカリゼーション推進集会「『しあわせの経済』世界フォーラム」=1=にはブータンやインド、タイ、韓国、中国などで地域の活性化に取り組む人々が集まりました。ローカリゼーションとはどんな活動でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2744文字(全文3046文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです