メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TSUTAYA注目作

発掘良品「質屋」

 「TSUTAYA発掘良品コーナー」で4日からDVDレンタルが始まる「質屋」(1964年製作)は、強制収容所で妻子を亡くし心を閉ざした大学教授が、人間性を取り戻すまでを描いた社会派ドラマだ。モノクロのスクリーンに映し出される殺伐とした日常と「金がすべてだ」と叫ぶ主人公の孤独が、緊迫した雰囲気を醸し出す。

 米国ニューヨークのスラム街で質屋を営むソル・ナザーマンは、故郷のポーランドでは大学教授だったが、ナチスのユダヤ人強制収容所で残虐行為を目のあたりにし、絶望の末に妻と子供を亡くす。ホロコーストの記憶にさいなまれ、生きる希望を失い他人とのつながりを拒絶する空虚な日々。しかしある事件をきっかけに、人間らしい心を取り戻していく。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです