メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かつて外国人特派員クラブだった「FCC」。現在はレストラン併設のホテルとして利用されている=プノンペンで3月18日

 カンボジアが観光旅行の渡航先として人気を集めている。世界遺産のアンコール・ワットは世界有数の観光地だ。名所旧跡巡りもいいが、カンボジア旅行の真の醍醐味(だいごみ)は別のところにあるという。週末を利用して出かけてみた。

 ●負の遺産も観光

 成田を午前中に出発して、6時間ほどのフライト。午後3時過ぎには真新しいプノンペン国際空港に到着する。観光ビザは空港で取得でき、事前の準備は不要。2016年9月に全日空の直行便が就航し、一気に身近になった。

 カンボジアといえば避けて通れないのが、1975年に全土を掌握したポル・ポト政権時代の負の遺産だ。プノンペン中心部のトゥール・スレン虐殺博物館は、政治犯らを拷問し殺害していた収容所を改修した国立博物館。元は高校だったため、建物の外見は普通の学校にしか見えない。中に入ると、教室だった部屋にベッド1台とさびた鎖。3台ある部屋もある。細かく区切られた独房も多数。拷問に使われた道具が展示され、無数の亡くな…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです