メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハリルジャパンの現在地

サッカー/下 進むか引くか、決断の時

 1-2で敗れた3月27日のウクライナ戦は個々の力の差を突きつけられた試合だった。

 前半21分、ライン際でボールを持つ相手に、MF長谷部(アイントラハト・フランクフルト)とDF長友(ガラタサライ)が奪いに行ったが、ボールをつながれて先制点を許した。後半24分の2失点目もDF酒井高(ハンブルガーSV)とMF山口(セ大阪)が相手のドリブルに破られたもの。長谷部が言う「個々のレベルアップ(の必要性)に、改めて厳しい現実」が露呈した。

 ワールドカップ(W杯)に向けた苦しい状況は2010年南アフリカ大会の時と似ている。当時は3月からW…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです