プロ野球

DeNA3-1ヤクルト 19歳救世主 DeNA・京山、初登板初勝利

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (3)横浜(ヤクルト2勝1敗)

ヤクルト 000010000=1

DeNA 00120000×=3

 <勝>京山 1勝 登板1

 <S>山崎 1S 登板1

 <敗>由規 1敗 登板1

 DeNAが継投で逃げ切り今季初白星。初登板の京山が伸びのある直球を軸に5回1失点でプロ初勝利を挙げた。打線は三回に筒香の一ゴロの間に1点、四回に倉本の2点適時打で加点した。ヤクルトは由規が制球難でリズムを作れなかった。

 昨季2桁勝利を挙げた今永、浜口、ウィーランドの先発3人が故障で出遅れる中、ローテーションに抜てきされたプロ2年目の19歳、京山が、プロ初登板、初先発で初勝利。初物づくしでDeNAに今季初白星をもたらした。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集