メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 関係者への照会、難題 10都道県が独自調査

 強制不妊手術についての知事アンケートによると、10都道県が独自に実態調査を始めるか検討していた。しかし、調査の対応は割れる状況が浮かぶ。

 最多の2593人が手術を受けた北海道は3月12日、手術を受けた本人や家族から相談を受け付ける窓口を設置した。30日現在、本人6人、親族20人を含む38人の相談があり、うち22人は情報開示請求の相談もした。しかし、1996年の旧優生保護法の改正からすでに22年経過し、開示対象となる本人や親らが亡くなっているケースも多い。このため、北海道は子どもら親族に開示対象を拡大できるか検討し始めた。

 同じく窓口を設けた鳥取は27日現在、相談は無い。しかし、県には手術を受けた可能性がある20人の記録…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです