メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習漫画

「福島県のひみつ」 震災の教訓、次世代に

東日本大震災と福島第1原発事故の経験や教訓を次世代に伝えようと、県が制作した子ども向け学習漫画「福島県のひみつ 震災のきおくときずな」

 東日本大震災と福島第1原発事故の経験や教訓を次世代に伝えようと、福島県は小学生向けの学習漫画「福島県のひみつ 震災のきおくときずな」を制作した。震災から7年の歳月が経過し、今春から入学する小学生は全員が「震災後生まれ」となることから、県は「福島の現状を理解でき、防災にも役立つ一冊にした」と話している。

 県がストーリーの題材やデータを提供し、福島市出身のライター、篠木絹枝さんがシナリオを執筆。山口育孝さんが漫画を描いた。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  5. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです